年賀状印刷|2019年

年賀状印刷 価格

 

2019年の年賀状もこちらから!

年賀状のネットからのご注文は、今年も、年賀状印刷2019.com

年賀状印刷2019.comは、全国のネット注文を受付しているショップを厳選してお伝えしている年賀状情報サイトです。人気のショップをランキングでご紹介。安さのこだわりだけでなく、プリントの品質、デザイン、サービス、プレゼントキャンペーンに関する情報も提供しています。

年賀状のネットからの注文はお得ですか?

年賀状デザインサンプル-1

 ネットからのご注文は、送料がかかって、結局、高くついてしまうのでは?とご心配される方も多いのではないかと推測されます。でも、心配はご無用です。印刷ショップで年賀状を用意してくれます。宛名印刷もまかせる事が可能になっていますので利用されるとよいでしょう。印刷完了後は、そのままポストに投函してくれるショップもありますので、手間がかかりません。

 

ポストへ投函してくれるサービス

 

 自宅でゆっくりデザインを吟味することができます。また、プリンターも不要、印刷の失敗がないのもうれしいですよね。全国規模でやっているショップばかりなので、コスト削減が進み、1枚当たりの単価を抑えることが可能になっています。総合的に考えて、年賀状のネットからの注文はお得と言えるでしょう。

 

年賀状印刷の2019年度の料金の比較を行いました。ネットでよく検索されている「K社」、ショッピングついでに印刷の依頼をされる方が多いと思われる{Iグループ」、都会の中のオアシス?「S社」。全国で驚くほどの受注をとっているのでしょうね!?しかし…。ここにあげる、人気のショップの印刷料金は、決して安いものではありませんでした。あまり変わらないかも知れないと思った料金も驚くほどの料金差がありました。ネットからの注文をする前に、年賀状ネット注文印刷価格<印刷タイプ>をご覧になることをお勧めいたします。

 

写真の品質の違いがあるの?

フジフイルム・ライフステージ結婚

 写真の品質の違い。印刷には、写真プリント仕上げと印刷タイプの2種類が存在します。たとえば、FUJIFILM ネットプリントサービス等が取り扱っている写真年賀状は、写真の印刷に銀塩プリントを採用しています。高画質が特長で長期保存に優れています。結婚報告を兼ねた<挨拶状として>いかがでしょうか?一生の記念に残すことをお考えならおすすめです。
銀塩プリントが安い!安さで人気のショップ人気ランキング
印刷タイプが安い!安さで人気のショップ人気ランキング

子供の誕生、成長をお伝えしたい時は?

子供の写真・家族

 子供の誕生、成長をお伝えしたい時は、家族の写真を写した「お気に入りの写真」を使いたいですね。そのような場合は、同時に何枚もの写真を載せても安価に仕上げる事のできる印刷タイプがおすすめです。

 

 安いだけでなく、お気に入りのイラストなどと組み合わせて、華やかな年賀状に仕上がります。また、写真印刷タイプは、はがきに直に印刷するので、見た目もスッキリ?!厚みがなくかさばりません。

年賀はがきの印刷をネットで注文をおすすめする最大のメリット!

亥年イラスト年賀状

 イラストが豊富です。1,000〜1,500種類以上のデザインを揃え、さらにショップオリジナルのイラストを用意しているところもあります。人気のキャラクター、干支である戌のイラスト、有名デザイナーのものもあります。パソコンでじっくり見比べて選ぶことができます。さらに、デザインに迷った時なども、イラストを入れ替えたり、配置を変えてみる事ができ、こだわりのある年賀状ができるでしょう。

プレゼント、懸賞、オリジナルサービスなどキャンペーン企画が盛りだくさん!

プレゼント・懸賞企画

 ネットで注文すると必ずもらえるプレゼントがうれしいですね!さらに、ゲーム機器やロボット掃除機、商品券などが当たるチャンスもあります。代引き&送料無料、ポスト投函、再印刷無料など、ネットならではのオリジナル企画が満載です!!また、意外なことに、年賀はがきの持ち込み歓迎のショップも見つけることができます。

 

 

 

 

 

年賀状の印刷 本当に安い?もっとお安く!年賀状印刷の人気ランキングです。

必見

年賀状印刷人気ランキング

アクセスランキング

※他の人はこのサイトに関心があります。

第1位 ふみいろ年賀状

スマホ対応

・イメージキャラクターが本田望結ちゃん
・入力ミスで納品されても無料で再印刷!
・お急ぎの方に。当日出荷。送料無料。
・宛名印刷の表面には、差出人も印刷できます。
・お年玉付年賀状を1枚57円で提供。

【公式サイト】https://nenga.fumiiro.jp/

第2位 ラクポ

スマホ対応

・写真品質にこだわり。
・「ディズニーキャラクター 年賀」「スヌーピー 年賀」も使える
・データ入稿で注文することができる。
・お年玉付年賀状を1枚57円で提供。
・卓上カレンダー、1,360円分クーポンプレゼント

【公式サイト】https://rakpo.com/

第3位 挨拶状.com 年賀状2019

スマホ対応

・100名によるオリジナルデザイン
・写真プレミアム仕上げは、6色デジタル印刷(無料サンプル)
・Wお年玉年賀はがき(1枚につき2円引き)
・50人に1人、3,000円が当たる!
・先着、10万名様に「きずなばこ」プレゼント

【公式サイト】https://nenga.aisatsujo.jp/

第4位 ネットスクウェア

スマホ対応

・基本料金なし、送料無料、1枚単位で注文可能!
・写真プレミアム仕上げは、写真画質でプリント
・「カンタン見積り」は、1枚単位ですぐわかる!
・人気ランキングで、お気に入りのデザインが簡単に見つかる
・「自由文章」は1行40字、5行まで入力が可能

【公式サイト】https://nenga.print-netsquare.com/

第5位 年賀本舗

スマホ対応

・リーズナブル・2色。3色年賀状/「お買い得カラー」が新登場!
・挨拶文は、無料で自由に修正、追加+できます。(可/否)明記
・年賀はがきを既に買われている方でも、お持ち込みOK!
・お年玉付き年賀はがき1枚57円。印刷料金から割引
・年賀状等 無料進呈キャンペーン

【公式サイト】https://www.nengahonpo.com/

 

年賀状印刷> 基本料金無料|宛名印刷無料|送料無料|ポスト投函無料

 

年賀状をポストに入れるまでの総費用を検証!

大特売

・広告で見かける宣伝キーワードには、〇〇無料、早割10%OFF、今だけ基本料無料、印刷料50%OFF、宛名印刷無料、ポスト投函無料、11月末まで50%OFF、など多くの宣伝文句が氾濫!

会員割引・割引券・早期割引

これらの言葉を、そのまま受け取って、「年賀状印刷 安い」を思う人は、少ないでしょうけれど、もやもやを解決すべく、総費用を算出してみました。

 

年賀状印刷の料金の特徴に、「早割」があります。10月から年末にかけて、料金が変化してきます。早い時期に申し込めば、恩恵が受けられます。なので、リアルタイムの料金比較には無理があり、料金的には、目安にとどめておくもので、その事を念頭に読み進めてください。

 

安い と言える条件:年賀状印刷の総コスト。

 

年賀状の印刷には、下記の費用がすべて必要になります。

 

 

基本料金

年賀状印刷サンプル

 

1枚でも100枚でも、基本料金は同じ料金になります。基本料金0円から、2,500円まで、様々なです。最近は、基本料金を示してないショップも見かけます。1枚当たりの料金に上乗せされていると考えたほうがいいでしょう。基本料金を高く設定されているところは、1枚当たりの印刷費が安く抑えられているのが、一般的です。数百枚以上の印刷が必要な場合は、安くなるはずです。

印刷料金

1枚あたりの印刷料金です。(またはプリント代金)1枚=50円等と記載があります。仮に、50枚の注文時には、(50円×50枚)=2,500円が印刷料金になります。

印刷料金

 

宛名印刷

家庭のプリンターでよくある失敗

宛名印刷も上記と同様に、基本料金と印刷料金になります。この部分の対応は、ショップによって随分、対応が変わってきます。宛名印刷の料金は、印刷ショップを選ぶ時の基準になるかもしれません。宛名印刷のサービスを受け付けていないところから、何枚でも0円〜というところまでさまざま。・宛名ぐらいは、自分で書きたい人。宛名書きが苦手だから、印刷を依頼するんだという人、それぞれのニーズに合わせて選んでください。

 

年賀はがき料金

年賀状2019年

郵便局より、「はがきの料金は全国一律で、1通62円です。」です。たしかに、「年賀はがきを郵便局で購入すると、1枚62円になります」が、しかし、印刷ショップで購入すると、57円/1枚だったりします。正確に言うと、印刷料金の値引き部分を、ハガキが安いというインパクト広告の一つでしょう。印刷を大量に依頼する法人向けのサービスになるでしょうか?10,000枚の依頼で、50,000円のコスト削減になります。同じように、トータルコストで考えてみないと、結論はでません。

送料

最近では、送料0円がほとんどになってきました。印刷した年賀はがきを、自宅まで送ってもらう料金です。宛名を自分で書く人には必要になってきます。街のショップやコンビニ、スーパーに依頼した時には、店舗受取になります。街のショップやコンビニ、スーパーに、年賀状印刷を多くの方が依頼しています。手軽なのと、ネットの依頼は、直観的に郵送料を加え、(コスト増を考える)ネットの利用は思いつかないのでしょう。ですが、ネットで注文しても、総費用は安い場合がほとんどです。年賀状 印刷 安い 価格)のページを参照ください。

 

ポスト投函

年賀状をポストに投函

印刷を依頼したものに、宛名書きを依頼すれば、そのままポストに投函してもらう事が可能です。このサービスは、無料になっていますが、全てのショップで受け付けているわけではありません。

年を追うごとに浸透してきた、最近はやりのサービスです。年賀印刷の丸投げが成立するわけです。個人も法人も採用の価値は、十二分にあるかもしれません。

 

 

 

 

(結論)デザインイラストや銀塩写真プリントでも価格の違いがあります。ある程度の目安を価格で決めておいて、【年賀状印刷 人気】から選ぶと、2019年の年賀状印刷は、ベストかもしれませんね。